◆NPO法人◆京都マンション管理ネットワーク 情報広場

マンション問題解決! 無料相談も承り中です。 その他、防災や介護に関する相談も承ります。 お気軽にご連絡下さい。

きちんと聴く ・ きちんと伝える・・ あなたの悩み相談室
マンションに関するご相談は 京都マンション管理ネットワークへ

管理組合等交流会「見守り安心コールについて」

_20190216_030018

セミナー&交流会「アルミサッシ改修工事のご提案」について

《次回の予定》

日  時 ; 平成31年1月26日(土)
 14:00~16:00(要予約)

場  所 ; ひと・まち交流館 京都 3F 第5会議室   ⇒地図はこちら

 テーマ; 「アルミサッシ改修工事のご提案」について  
 講 師;株式会社LIXILリニューアル 井上大輔様 

⇒案内ちらし&参加申込書(word)(PDF)
 
実施要領:
今回のテーマは
『アルミサッシ改修工事のご提案』
快適な住環境を整えるために!

 開閉が重かったり、隙間風が入ってきたり、網戸が動かなかったり…
アルミサッシのお悩み事を抱えている方は少なくないかと思います。
長く使用されたアルミサッシは築30年を過ぎた頃から更新時期を迎えます。

近頃のアルミサッシは、新築当時と比べて性能も格段に向上しています。
光熱費も削減され、また美観も改善されて資産価値向上にも寄与します。
さらに国も補助金を出して、アルミサッシ改修工事を推進中です。

最新のアルミサッシ製品や、補助金の概要、また工事の進め方などについて
実物展示なども交えながら、わかりやすくご説明します。

※管理組合の方に限らずどなたでも参加できます。マンション管理士やこれからマンション管理士を目指す方、それ以外の方でも興味のある方は、是非一度お気軽にお越しください。

きっとお役に立つと思いますので、お気参加ください。

御連絡・お問合せ先
≪NPO法人 京都マンション管理ネットワーク 事務局≫
TEL/FAX 075-275-0514

セミナー&交流会「地震に対するマンションの減災を考える」

日  時 ; 平成30年11月24日(土)
 10:00~12:00(要予約)

場  所 ; ひと・まち交流館 京都 3F 第5会議室   ⇒地図はこちら

 テーマ; 「地震に対するマンションの減災を考える」について  
 講 師;当NPO法人会員 一級建築士/マンション管理士 田中建治 

⇒案内ちらし&参加申込書(word)(PDF)
 
実施要領:
今回のテーマは
あなたとあなたの家族を守るために
『地震に対するマンションの減災を考える
について』

1995年阪神淡路大震災以後、2011年東日本、2016年熊本、2018年大阪北部地震が頻繁に発生しております。地震被害は決して他人事ではありません。次は私たちに襲いかかってきます。そのためには、少しでも犠牲を少なくするために、普段から減災を心がけることが、あなたとあなたの家族を守るためには必要です。今回の地震の被害状況、マンションではどのようなことが起こっていたのか、地震により臨時総会を開催した2箇所のマンションではどのような意見があったのかについて説明します。
E-ディフェンスでの超高層マンションの長周期地震実験による揺れをビデオにより再現し、どのようにして減災をするかを考えます。
地震後に被害状況を判定する「応急危険度判定」「罹災証明」「被害区分判定」「地震保険の判定」について判定の違いを説明します。

※管理組合の方に限らずどなたでも参加できます。マンション管理士やこれからマンション管理士を目指す方、それ以外の方でも興味のある方は、是非一度お気軽にお越しください。

きっとお役に立つと思いますので、お気参加ください。

御連絡・お問合せ先
≪NPO法人 京都マンション管理ネットワーク 事務局≫
TEL/FAX 075-275-0514

セミナー&交流会 「地震に対するマンションの減災を考える」

日  時 ; 平成30年11月24日(土)
 10:00~12:00(要予約)

場  所 ; ひと・まち交流館 京都 3F 第5会議室   ⇒地図はこちら

 テーマ; 「地震に対するマンションの減災を考える」について  
 講 師;当NPO法人会員 一級建築士/マンション管理士 田中建治 

⇒案内ちらし&参加申込書(word)(PDF)
 
実施要領:
今回のテーマは
あなたとあなたの家族を守るために
『地震に対するマンションの減災を考える
について』

1995年阪神淡路大震災以後、2011年東日本、2016年熊本、2018年大阪北部地震が頻繁に発生しております。地震被害は決して他人事ではありません。次は私たちに襲いかかってきます。そのためには、少しでも犠牲を少なくするために、普段から減災を心がけることが、あなたとあなたの家族を守るためには必要です。今回の地震の被害状況、マンションではどのようなことが起こっていたのか、地震により臨時総会を開催した2箇所のマンションではどのような意見があったのかについて説明します。
E-ディフェンスでの超高層マンションの長周期地震実験による揺れをビデオにより再現し、どのようにして減災をするかを考えます。
地震後に被害状況を判定する「応急危険度判定」「罹災証明」「被害区分判定」「地震保険の判定」について判定の違いを説明します。

※管理組合の方に限らずどなたでも参加できます。マンション管理士やこれからマンション管理士を目指す方、それ以外の方でも興味のある方は、是非一度お気軽にお越しください。

きっとお役に立つと思いますので、お気参加ください。

御連絡・お問合せ先
≪NPO法人 京都マンション管理ネットワーク 事務局≫
TEL/FAX 075-275-0514

認知症サポーター講座


《次回の予定》

日  時 ; 平成30年9月23日(日)
 14:30~16:30(要予約)

場  所 ; 中京いきいき市民活動センター 1階 第1会議室   
⇒地図はこちら

 テーマ; 「認知症サポートミーティング」について  
 講 師;
第1部 14:30 ~15:45 京都市認知症あんしんサポーター養成講座
キャラバンメイト 当NPO法人会員 マンション管理士 介護福祉士 堀井俊輔
第2部 15:45 ~16:30 認知症サポートミーティング 座談会
当NPO法人会員 サポーター 堀井俊輔 五十嵐政文

⇒案内ちらし&参加申込書(word)(PDF)
 
実施要領:
今回のテーマは
『認知症サポートミーティングについて』
京都市認知症あんしんサポーター養成講座
わたしたちのきょうとが  認知症になっても
   あんしんして暮らせるまちであるために

●あなたも「認知症サポーター」になりませんか?
認知症は誰にでも起こりうる病気で、65歳以上では約7人に1人に症状があると言われています。
急速な高齢化とそれに伴う認知症の人の増加を受けて、京都市では認知症についての理解を深め、
認知症の人とそのご家族を地域で支える「認知症サポーター」の養成を進めています。
認知症の人やそのご家族への理解者が地域にたくさん増えることで、「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」を目指します。 あなたも、認知症の人と家族の応援者「認知症サポーター」になりませんか?

●認知症サポーター養成講座とは?
  認知症について基本的なことを学び、地域の私たちにできることを考える講座です。
【講座内容】 ★認知症とはどんな病気か
★認知症になったらどんな症状が現れるのか
★認知症サポーターとは
★認知症の人やご家族に対して私たちができることはどんなことか など
講座を受講いただいた方には、サポーターの証である「オレンジリング」をお渡しします。

※管理組合の方に限らずどなたでも参加できます。マンション管理士やこれからマンション管理士を目指す方、それ以外の方でも興味のある方は、是非一度お気軽にお越しください。

きっとお役に立つと思いますので、お気参加ください。

御連絡・お問合せ先
≪NPO法人 京都マンション管理ネットワーク 事務局≫
TEL/FAX 075-275-0514


マンション管理 ブログランキングへ