◆NPO法人◆京都マンション管理ネットワーク 情報広場

マンション問題解決! 無料相談も承り中です。 その他、防災や介護に関する相談も承ります。 お気軽にご連絡下さい。

きちんと聴く ・ きちんと伝える・・ あなたの悩み相談室
マンションに関するご相談は 京都マンション管理ネットワークへ

セミナー&交流会「昨今のエレベーター事情」について

※管理組合の方に限らずどなたでも参加できます。マンション管理士やこれからマンション管理士を目指す方、それ以外の方でも興味のある方は、是非一度お気軽にお越しください。

きっとお役に立つと思いますので、お気軽にご参加ください。

《次回の予定》

日  時 ; 平成30年5月26日(土)
 14:00~16:00(要予約)

場  所 ; ひと・まち交流館 京都 3F 第3会議室   ⇒地図はこちら

 テーマ; 「昨今のエレベーター事情」について  
 講 師;三菱電機ビルテクノサービス 小西様、片山様 

⇒案内ちらし&参加申込書(word)(PDF)
 
実施要領:
今回のテーマは
『昨今のエレベーター事情について』

毎日、多くの人達に利用されるエレベーターは、長期間の使用による物理的な劣化が避けられません。また、求められる機能や安全基準も年毎に変化しています。製品の安全性や省エネ性能を高め、さらに快適で便利な機能を付加することでマンションの住宅事情やご要望に応じたリニューアルが必要になると考えられます。

最近のエレベーターを取巻く建築基準法の改正とエレベーターの寿命と取替時期についてご紹介します。
􀂄 平成22年(2010年)3月28日以降の定期検査において「既存不適格」と指摘される項目が増えた。
《エレベーターの寿命と取替時期》
□「減価償却資産の耐用年数に関する法令」に規定されている年数を示しており、国税庁が認める帳簿上の減価償却計算上基準です。
□ビルのライフサイクルから見た取替時期
□一般的な取替時期
□エレベーター会社における平均リニューアル実施年数

本来エレベーター設置の考えは、マンション住民様が利便性良く目的階へ移動する手段「縦の交通機関」としてのみであった時代から、住民様の高齢化、またご家族の少子化が世の変遷となっている昨今、利用者のニーズは変わってきています。

「安全性・信頼性・経済性・快適性」を備え持ったエレベーターは、皆様の快適なマンションライフをお過ごし成られるには必要なことと思います。


御連絡・お問合せ先
≪NPO法人 京都マンション管理ネットワーク 事務局≫
TEL/FAX 075-275-0514

セミナー&交流会「昨今のエレベーター事情」について

※管理組合の方に限らずどなたでも参加できます。マンション管理士やこれからマンション管理士を目指す方、それ以外の方でも興味のある方は、是非一度お気軽にお越しください。

きっとお役に立つと思いますので、お気軽にご参加ください。

《次回の予定》

日  時 ; 平成30年5月26日(土)
 14:00~16:00(要予約)

場  所 ; ひと・まち交流館 京都 3F 第3会議室   ⇒地図はこちら

 テーマ; 「昨今のエレベーター事情」について  
 講 師;三菱電機ビルテクノサービス 小西様、片山様 

⇒案内ちらし&参加申込書(word)(PDF)
 
実施要領:
今回のテーマは
『昨今のエレベーター事情について』

毎日、多くの人達に利用されるエレベーターは、長期間の使用による物理的な劣化が避けられません。また、求められる機能や安全基準も年毎に変化しています。製品の安全性や省エネ性能を高め、さらに快適で便利な機能を付加することでマンションの住宅事情やご要望に応じたリニューアルが必要になると考えられます。

最近のエレベーターを取巻く建築基準法の改正とエレベーターの寿命と取替時期についてご紹介します。
􀂄 平成22年(2010年)3月28日以降の定期検査において「既存不適格」と指摘される項目が増えた。
《エレベーターの寿命と取替時期》
□「減価償却資産の耐用年数に関する法令」に規定されている年数を示しており、国税庁が認める帳簿上の減価償却計算上基準です。
□ビルのライフサイクルから見た取替時期
□一般的な取替時期
□エレベーター会社における平均リニューアル実施年数

本来エレベーター設置の考えは、マンション住民様が利便性良く目的階へ移動する手段「縦の交通機関」としてのみであった時代から、住民様の高齢化、またご家族の少子化が世の変遷となっている昨今、利用者のニーズは変わってきています。

「安全性・信頼性・経済性・快適性」を備え持ったエレベーターは、皆様の快適なマンションライフをお過ごし成られるには必要なことと思います。


御連絡・お問合せ先
≪NPO法人 京都マンション管理ネットワーク 事務局≫
TEL/FAX 075-275-0514

セミナー&交流会「昨今のエレベーター事情」について

※管理組合の方に限らずどなたでも参加できます。マンション管理士やこれからマンション管理士を目指す方、それ以外の方でも興味のある方は、是非一度お気軽にお越しください。

きっとお役に立つと思いますので、お気軽にご参加ください。

《次回の予定》

日  時 ; 平成30年5月26日(土)
 14:00~16:00(要予約)

場  所 ; ひと・まち交流館 京都 3F 第3会議室   ⇒地図はこちら

 テーマ; 「昨今のエレベーター事情」について  
 講 師;三菱電機ビルテクノサービス 小西様、片山様 

⇒案内ちらし&参加申込書(word)(PDF)
 
実施要領:
今回のテーマは
『昨今のエレベーター事情について』

毎日、多くの人達に利用されるエレベーターは、長期間の使用による物理的な劣化が避けられません。また、求められる機能や安全基準も年毎に変化しています。製品の安全性や省エネ性能を高め、さらに快適で便利な機能を付加することでマンションの住宅事情やご要望に応じたリニューアルが必要になると考えられます。

最近のエレベーターを取巻く建築基準法の改正とエレベーターの寿命と取替時期についてご紹介します。
􀂄 平成22年(2010年)3月28日以降の定期検査において「既存不適格」と指摘される項目が増えた。
《エレベーターの寿命と取替時期》
□「減価償却資産の耐用年数に関する法令」に規定されている年数を示しており、国税庁が認める帳簿上の減価償却計算上基準です。
□ビルのライフサイクルから見た取替時期
□一般的な取替時期
□エレベーター会社における平均リニューアル実施年数

本来エレベーター設置の考えは、マンション住民様が利便性良く目的階へ移動する手段「縦の交通機関」としてのみであった時代から、住民様の高齢化、またご家族の少子化が世の変遷となっている昨今、利用者のニーズは変わってきています。

「安全性・信頼性・経済性・快適性」を備え持ったエレベーターは、皆様の快適なマンションライフをお過ごし成られるには必要なことと思います。


御連絡・お問合せ先
≪NPO法人 京都マンション管理ネットワーク 事務局≫
TEL/FAX 075-275-0514

セミナー&交流会


日  時 ; 平成30年3月24日(土)
 10:00~12:00(要予約)

場  所 ; ひと・まち交流館 京都 3F 第4会議室   ⇒地図はこちら

 テーマ; 「長期修繕計画の見直し及び作成」について  
 講 師;当NPO法人会員 マンション管理士 田中 建治様 

⇒案内ちらし&参加申込書(word)(PDF)
 
実施要領:
今回のテーマは
『長期修繕計画の見直し及び作成について』
管理会社作成「長期修繕計画」の問題点等

日経新聞に、築35年のマンションが「修繕積立金が足りず、窮地に立たされている管理組合が増えている。給排水管、エレベーターなどの主要な設備が更新できず、住宅インフラとしての資産価値が下がりかねない。また、住宅支援機構からの借り入れが急増している」との記事が掲載されておりました。

現在、長期修繕計画は主に管理会社で作成しておりますが、国土交通省指導のガイドライン修繕項目に準じて作成されてなく、30年を経過した時に、新たに多額な修繕工事が計上されるために修繕積立金が不足になってしまったことが原因です。その問題点の実例を挙げ、適正な長期修繕計画の作成についての説明をいたします。
※管理組合の方に限らずどなたでも参加できます。マンション管理士やこれからマンション管理士を目指す方、それ以外の方でも興味のある方は、是非一度お気軽にお越しください。

きっとお役に立つと思いますので、お気参加ください。

御連絡・お問合せ先
≪NPO法人 京都マンション管理ネットワーク 事務局≫
TEL/FAX 075-275-0514

「民泊新法(住宅宿泊事業法)に伴うマンション管理規約の改正等」について

まだ席は余裕がございます。
どなたでも参加頂けますので、是非お越しください。

日  時 ; 平成30年1月27日(土)
 14:00~16:00(要予約)

場  所 ; ひと・まち交流館 京都 3F 第3会議室   ⇒地図はこちら

 テーマ; 「民泊新法(住宅宿泊事業法)に伴うマンション管理規約の改正等」について  
 講 師;当NPO法人会員 マンション管理士 市毛 豊様 

⇒案内ちらし&参加申込書(word)(PDF)
 
実施要領:
今回のテーマは
『民泊新法(住宅宿泊事業法)に伴うマンション管理規約の改正等について』
リミットは平成30年3月15日ご存知ですか!

〇ここ数年、民泊に起因した近隣トラブルも少なからず発生しており社会問題となっています。こうしたことを背景に、平成29年6月、民泊新法(住宅宿泊事業法)が成立し、一定のルールのもと民泊が解禁されることとなり、分譲マンションにおいても民泊が実施され得ることとなります。
今回、マンションにおける民泊、ウィークリー・マンスリーマンション、シェアハウスやホームステイ等の賃貸借をめぐるトラブルの防止のためには、民泊等を許容するか否かについて、管理規約の改正を考えてみませんか。

◎今回の民泊の改正併せて「違約金としての弁護士費用の請求」の管理規約条項について再考してみませんか。

きっとお役に立つと思いますので、お気参加ください。

御連絡・お問合せ先
≪NPO法人 京都マンション管理ネットワーク 事務局≫
TEL/FAX 075-275-0514


マンション管理 ブログランキングへ